スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<万引き>飛び降り死亡した仲間の2人逮捕 大阪(毎日新聞)

 大阪府警平野署は26日、大阪市内の無職少年2人(いずれも18歳)を窃盗の疑いで逮捕した。2人は、警察官が窃盗事件で追跡中に同市平野区の市営住宅から飛び降りた男の仲間で、一緒に逃走していたとみられる。

 逮捕容疑は、25日午前3時35分ごろ、東大阪市若江東町4のコンビニエンスストア「ローソン東大阪若江東町店」で、食料品など約20点(総額約8000円)を盗んだ、としている。

 同署によると、25日未明に飛び降りて死亡した男は大阪市内の無職少年(18)と判明。今回逮捕された2人と万引き後に軽乗用車で逃走中、警察官に発見され、車を乗り捨てて逃げていた。亡くなった少年が運転し、2人は後部座席にいたという。【土本匡孝】

【関連ニュース】
万引き:千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い
奈良・不明住職:万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで
奈良・橿原の住職行方不明:万引き容疑で逮捕--福島のスーパー
懲戒免職:県教委、万引きの教諭処分 千葉市教委は強制わいせつの中学教諭を /千葉
県内刑法犯:7年連続減 万引き、忍び込みは増

「裏献金授受」の“証拠”石川容疑者の手帳押収(スポーツ報知)
都議補選は自民・三宅氏が当選確実(産経新聞)
<南極観測隊>同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)
<火災>住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮(毎日新聞)
<埼玉連続不審死>殺人容疑で女再逮捕へ 県警2月初めにも(毎日新聞)
スポンサーサイト

柔道初段コンビニ店員、強盗に“一本”(読売新聞)

 21日午前1時35分頃、兵庫県川西市萩原1のコンビニエンスストア「ローソン川西萩原1丁目店」で、男がカウンター内に押し入り、男性店員(22)にナイフ(刃渡り6センチ)を突きつけ「金出せや」などと脅した。

 店員はナイフをかわして男を羽交い締めにし、そのすきに別の男性店員(21)がナイフを取り上げた。店の客が北100メートルほど離れた川西署まで駆けつけ通報。署員が男を強盗未遂容疑の現行犯で逮捕した。

 発表によると、同市出在家町、無職清水達也容疑者(47)。

 清水容疑者を羽交い締めにした店員は大阪府内の大学4年生で、高校時代の3年間、柔道部に所属し、初段の腕前。「とっさのことだったが、体が自然に動いた」と話していたという。

<ハイチ大地震>現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
<屋久島>縄文杉登山道でがけ崩れ 復旧の見通したたず(毎日新聞)
足利再審 録音テープ再生 メディア公開阻む「目的外使用禁止」(産経新聞)
救世主の実力は?! 記者が体験搭乗「FDA機」 日航撤退後、松本空港に就航(産経新聞)
「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集(時事通信)

稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は24日付の東京発の記事で、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場の現行移設計画に反対する稲嶺進氏が勝利したことを、「移設計画を危険にさらすとともに、日米関係にさらなる緊張をもたらす」と論評した。

 同紙は、鳩山首相が「沖縄の人々の声に耳を傾けたい」としていることに触れ、「首相にとって、米国の要請を受け入れることは政治的にさらに困難になった」とした。

 24日付のワシントン・ポスト紙(電子版)も、「日米関係に大きな衝撃を与えるかもしれない小さな街の選挙で、有権者は基地移設に反対する新市長を選んだ」と懸念を示した。

 米政府は24日夜(日本時間25日午前)までは公式の談話を出していない。

<大寒>全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録(毎日新聞)
実り多い年願う 梅に稲穂の簪(産経新聞)
日教組の教研集会始まる 58年ぶり文科省から「来賓」(産経新聞)
<自民・谷垣総裁>民主の対策チーム「小沢紅衛兵」と批判(毎日新聞)
【風】「私のようにならないで」(産経新聞)

<訃報>小紫芳夫さん82歳=前臓器移植ネットワーク会長(毎日新聞)

 小紫芳夫さん82歳(こむらさき・よしお=前日本臓器移植ネットワーク会長)17日、肺血栓塞栓(そくせん)症のため死去。密葬は親族で行う。社葬を後日行うが日取りは未定。問い合わせ先は、会長を務めた横浜倉庫総務部。喪主は妻恵美子(えみこ)さん。

 2人の娘を腎臓病で亡くし、臓器移植の普及に取り組んだ。97年発足した日本臓器移植ネットワーク初代会長に就任し、06年まで務めた。

<雑記帳>店丸ごと“エコ” セブン-イレブンが最先端店舗(毎日新聞)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
MDMA受領認める=押尾容疑者、泉田被告から-女性急変時刻、徐々に訂正・警視庁(時事通信)
<鳩山首相>「小沢氏聴取判断、ご自身で」(毎日新聞)
小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生(毎日新聞)

11年国会にも法案=教員の質向上で-鈴木文科副大臣(時事通信)

 鈴木寛文部科学副大臣は21日の記者会見で、教員養成課程や教員免許制度などの見直しによる教員の質の向上策について、「目標(として)は、来年の通常国会に何らかの法案を出したい」と述べ、早ければ2011年の通常国会に関連法案を提出する意向を示した。
 文科省は今後、教育委員会や大学から意見を募集するなどして論点を整理した後、中央教育審議会(文科相の諮問機関)に具体的な制度内容の検討を諮問する方針。 

【関連ニュース】
事業仕分けの結果
関空補給金は凍結=住宅機構、出資金を減額
仕分け対象の事業・組織
教員免許更新制を廃止へ=来年度に新制度検討
臨時国会は来月下旬=民主党の輿石氏

投資会社を家宅捜索=被害数億円か-無登録で出資募った疑い・警視庁(時事通信)
<普天間移設>5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)
石川議員逮捕 通常国会目前の激震(毎日新聞)
鳩山首相、先端医療センターを視察(時事通信)
<雑記帳>IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)

裁判員裁判「検察官の役割重大」担当検事らに法相訓示コメント(産経新聞)

 全国50地検の裁判員裁判担当者らが集まった「裁判員裁判担当検事会同」が19日、東京・霞が関の法務省で開催され、千葉景子法相の訓示を加藤公一副大臣が代読した。

 訓示で千葉法相は制度について、「まずは順調にスタートしたと考えられ、裁判員候補者や裁判員となられた国民の皆様方のご協力に感謝とともに、その強い使命感に敬意を表したい」としたうえで、「制度の意義が十分に発揮されるために検察官が果たす役割は極めて重大」「今後は、複雑困難な争点のある事件の裁判が実施されることが見込まれることから万全を尽くしていただきたい」などと述べた。

【関連記事】
裁判員 名古屋地裁 全国初、取り調べDVDを証拠採用へ
裁判員2年目 課題克服し制度の定着を
貧しい被告に裕福な裁判員は不利? 趣旨反する“裁判員外し”明らかに
裁判員でどう変わった?“第1号”弁護士・検事を直撃
裁判員裁判、来年は控訴審続々「高裁なりの検討を」

水に混ぜるだけで高強度素材=高分子化合物を開発-東大など(時事通信)
センター試験 あすスタート(産経新聞)
政権交代で再生可能に=日航更生法申請-菅財務相(時事通信)
<リコール>BMW15車種、ロールスロイスも4車種(毎日新聞)
小沢氏批判の金属弾入り封筒、民主党とテレ朝に(読売新聞)

作家の海堂さんに賠償命令=ブログで名誉棄損-東京地裁(時事通信)

 医療現場を舞台にしたミステリー小説「チーム・バチスタの栄光」などで知られる作家で、医師の海堂尊さんのブログで名誉を傷つけられたとして、日本病理学会副理事長の深山正久東大教授が海堂さんに損害賠償330万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、110万円の支払いを命じた。
 畠山稔裁判長はブログの記載について、深山教授が厚生労働省と癒着し、研究費を受けた印象を与えると指摘。真実と裏付ける証拠はなく、社会的評価を低下させると判断した。
 判決によると、厚労省の補助金を受け、主任研究員として死亡時画像診断システムを研究した深山教授について、海堂さんはブログに「厚労省と太いパイプを持っているので、研究実績ゼロで専門外の教授が主任研究官になり得た」などと記載した。
 海堂さんは判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「教授に個人的な恨みはない。司法でなく学術の場で議論したかった」と話した。 

【関連ニュース】
光市母子殺害、元少年らを提訴=実名本筆者ら、名誉棄損で
民主・牧議員、朝日新聞を提訴=名誉棄損で1600万円請求
ネットの中傷で男を逮捕=大阪地検
松本零士さんと槇原さんが和解=「歌詞盗用」名誉棄損訴訟
橋下知事と読売テレビを提訴=光市母子殺害発言で弁護団

「説明で納得」「何考えてる」=小沢氏対決姿勢に民主党員ら(時事通信)
空き巣後に家人に鉢合わせて刃物  事後強盗容疑で男逮捕 新宿署(産経新聞)
小沢氏の説明不十分、対応は擁護…鳩山首相(読売新聞)
<新聞労連>毎日新聞の視覚障害者擁護の報道が優秀賞に(毎日新聞)
塩野義のインフル治療薬を22日に緊急収載(医療介護CBニュース)

<重要民俗文化財>沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は15日(1)沼津内浦・静浦と周辺地域の漁労用具(静岡県沼津市)(2)丹後の紡織用具及び製品(京都市)(3)須佐宝泉寺・黄帝社奉納船絵馬(山口県萩市)--の3件を重要有形民俗文化財に、(4)邑町(むらまち)のサイノカミ(富山県入善町)(5)高原(たかはる)の神舞(かんめ)(宮崎県高原町)--の2件を重要無形民俗文化財に指定するよう、川端達夫文部科学相に答申した。

 (1)は大正初期までこの地域に回遊してきたマグロやカツオを取るオオアミ漁で使われた漁具などで、地域の漁法の変遷などを示す資料。(2)は丹後地方で伝統的に行われてきた藤織りや麻織りなどに用いられた用具など。(3)は日本海各地を行き来した回船の船乗りたちが奉納した船絵馬49点。(4)は厄払いや無病息災、五穀豊穣(ほうじょう)を願う小正月の火祭りの行事。(5)は霧島信仰を背景に、江戸時代から続く神楽で毎年12月に行われる。【井上俊樹】

【関連ニュース】
川端文科相:団体が無償事務所費計上
川端文科相:団体が無償事務所費を計上 報告書に6670万円
川端文科相:無償貸与事務所、経費6600万円記載--団体収支報告書
川端文科相:小・中・高、学校視察 母校の授業なども /滋賀
花祭り:伝えていこう 名古屋大学で16、17日に支援シンポ /愛知

<初雪>東京都心で観測 平年より10日遅く(毎日新聞)
高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
小沢氏、記者団に「何も職を辞する必要もない」(産経新聞)
<雑記帳>石川遼、新潟の子供とクロカンスキーで汗流す(毎日新聞)
<NTTドコモ>東京などで通信障害  (毎日新聞)

<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)

 【宮城】大崎市岩出山の佐々木佼(さとし)さんは満100歳の今も電柱に登って切れかかった街灯の取り換え業務にいそしむ現役の街灯保守人だ。始めてから45年目になる。「もうやめたら」との周囲の声を尻目に、「社会の役に立ちたい。電柱に取り付いて死ねたら本望」と衰えを見せない。【小原博人】

 作業の受託区域は岩出山中心部から郊外にかけて六つの親交会(町内会)が管理する約250本の街灯。申し出があると、工具バンドを締めヘルメットをかぶり、3年前から作業の「相棒」になってくれた近所の知人、佐々木晃さん(77)運転の軽トラックで現場に向かう。

 街灯の地上高は8~10メートル。電柱に立て掛けた全長7メートルの内蔵式はしごを踏み上り、届かない所は電柱の足場を数段上がる。はしごは晃さんが支える。蛍光管は命綱と別のロープで引き上げる。取り換えに要する時間は10~15分。

 1909(明治42)年6月の生まれ。100歳になってからでも「30本ぐらい取り換えたかな」と淡々と話す。蛍光管費用と作業手数料の請求も自分でする。

 佼さんは戦中から東北電力の発電所などで働き、1965年の退職後まもなく岩出山で電気の検診業務に従事。その折、街灯の取り換えを頼まれたのが今に至るきっかけとなった。晃さんは自宅の電気関係の修理をしてくれた佼さんの腕と気概に感心し作業を手伝うようになった。

 佼さんは約10年前、妻に先立たれ子供も別に住んでいて自宅に1人暮らし。買い物、食事作り、洗濯など自分でこなす。たばこは20年前までたしなんでいたが、酒はほとんど飲まない。総入れ歯だが、和食中心の3食をしっかり取る。

 18年前に胆石を除去して以来、風邪を除いて病気知らず。身長156センチで体重47キロ。自転車に乗って街灯の見回りもする。耳がかなり不自由だが、街灯保守に懸ける佼さんの行動と気概は、事故を心配する声の一方、「岩出山の誉れ」との称賛も呼んでいる。

 佼さんの「街灯人生」は23日午後1時50分からNHK総合テレビの「百歳バンザイ!」で紹介される。

子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)
近畿で私立中入試始まる 全男子校で3教科受験可能に(産経新聞)
小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件-甲府地裁(時事通信)
「政治とカネ」集中審議は不要=平野官房長官(時事通信)

センター試験始まる 志願者数55万、インフル追試験は154人(産経新聞)

 過去最多の651大学などが参加する大学入試センター試験が16日、全国の725会場で始まった。今年は新型インフルエンザの流行で受験生の欠席が懸念されるが、大学入試センターによると、15日までに154人がインフルエンザとみられる症状で追試験の受験を許可されている。

  ■フォト マスク着用でセンター試験に取り組む受験生

 同センターによると、長野市の信州大学の2会場で、踏切事故の影響により公民の試験開始が30分繰り下げられた。2会場の志願者数は約2800人。

 新型インフル対策では、従来は本試験の1週間後だった追試験は、治療期間を配慮して今年は2週間後の30、31日に実施。会場も従来の2カ所から大幅拡充され、各都道府県に設置される。

 志願者数は55万3368人(前年度比9387人増)で、今春に高校を卒業する現役生が過去最高の79・5%を占めた。センター試験を利用する大学の内訳は国立82校、公立75校、私立494校で、このほか短大も過去最高の160校が参加する。

 初日は公民、地理歴史、国語、外国語の試験を実施。17日は理科と数学の試験が行われる。【関連記事】

センター試験のインフル対策、高校教員は評価 河合塾調べ
阪大 マスク2万6000枚用意 あすからセンター試験
郵便局・ネスレ「受験生応援バス」「絶対合格」願い乗せ東京着
替え玉で免許証切り替え スリランカ人の男2人逮捕 警視庁
ケアマネジャーの試験、出題ミスで追加合格も

大規模災害に備えて連携 都営・東京地下鉄が合同訓練 牛込消防署で(産経新聞)
新型インフル 輸入ワクチンを承認 大量在庫の懸念も (産経新聞)
今年のバレンタインデー、予算は約2割増(産経新聞)
皇居の自然観察会=5月と9月に-宮内庁(時事通信)
小沢氏聴取焦点に…資金移動、合理的理由示せるか(読売新聞)

小沢氏秘書、きょう第2回公判 西松の献金“取り仕切り役”が出廷(産経新聞)

 準大手ゼネコン「西松建設」から小沢一郎民主党幹事長側への違法献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪に問われた小沢氏の資金管理団体「陸山会」の元会計責任者で公設第1秘書、大久保隆規被告(48)の第2回公判が13日午前10時から、東京地裁(登石郁朗裁判長)で開かれる。検察側の証人として、西松の元総務部長が出廷する。検察側は西松側の献金実務を元総務部長が取り仕切っていたと指摘しており、証言内容が注目される。

 検察側は冒頭陳述で、大久保被告が毎年、この元総務部長のもとを訪問。2団体名義の献金の割り振りを打ち合わせていたと指摘している。検察側は、元総務部長の証言を得ることで、主張内容を補強する狙いがあるとみられる。

 初公判で検察側は、小沢氏側が献金を受けた団体は実体がなくダミーだったと指摘。大久保被告が東北地方の談合組織に天の声を出し、西松を含むゼネコン5社に多額の献金を要求してきたと主張。弁護側は、「寄付の主体は西松ではない。大久保被告は政治団体に実体があったと認識していた。受注業者を決定する権限もなかった」と反論、無罪を主張している。

 起訴状によると、大久保被告は平成15~18年、陸山会などが実際には西松から受領した3500万円の献金を、西松OBが設立したダミーの政治団体から受けたと政治資金収支報告書に虚偽記載。また、18年10月ごろ、ダミー団体名義で陸山会などに行われた西松の企業献金300万円を受領したとされる。

【関連記事】
聴取要請から1週間 小沢氏「多忙」 膠着続けば証人尋問も
取材応じず1週間 特捜の切り札は…資金問題 小沢氏「違法行為はない」
【小沢会見】土地購入問題「個別のことを申し上げることは差し控える」
小沢氏が政治資金問題を陳謝 「違法行為はない」と弁明も
石川議員在宅起訴なら「不公平」 自民・谷垣氏が強調

冷え込み 13日も 九州北部、強風や大雪(西日本新聞)
ワールド・カフェ参加者募集(産経新聞)
<偲ぶ会>四手井綱英さん=2月14日午後2時、京大会館(毎日新聞)
阪大 マスク2万6000枚用意 あすからセンター試験(産経新聞)
「平成9年当時の献金窓口は樋高剛氏」 元秘書で現民主党衆院議員(産経新聞)

政治とカネ、毅然と対応を=社民ブロック会議(時事通信)

 社民党の衆院比例代表ブロック代表者による会議が14日、党本部で開かれ、複数の出席者から「政治とカネ」の問題をめぐり、執行部が民主党に対し毅然(きぜん)とした対応を取るよう求める意見が出された。重野安正幹事長は「しっかり取り組んでいきたい」と述べた。 

【関連ニュース】
安保政策で混乱再び=「口軽い」防衛相に不快感
参院選にらみ機構改革=重野幹事長は留任へ
小沢氏は説明努力を=社民幹事長
社民幹事長「与党の役割全う」=公明、共産党首も新年の決意
小沢氏、「政策介入」に様変わり=首相とのすきま風じわり

こんな美容師は嫌だ!
m9m9d701のブログ
とある薬剤師のブログ
p1fzik3oの日記ブログ管理ツール
にゃんどる

地域づくり総務大臣表彰(産経新聞)

 全国各地で魅力ある地域づくりに貢献した個人や団体をたたえる「地域づくり総務大臣表彰」が12日、千代田区のホテルで行われ、江戸川区の「すくすくスクール事業」が地方自治体部門で大臣表彰に輝いた。

 大臣表彰を受けたのは全国で4自治体。同事業は73の区立小学校で放課後の教室などを使い地域住民がスポーツなどを通じて児童の面倒をみる学童クラブのようなもの。式で表彰状を受け取った多田正見区長は「地域の協力を得て大きな成果をあげています」と話した。

 

g5h6gd93のブログ
懸賞生活
自己破産
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ

首相動静(1月10日)(時事通信)

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
(了)

おさむのブログ
まさみのブログ
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
無料携帯ホームページ

郵政で自民苦慮、見直し派・推進派対立の恐れ(読売新聞)

 自民党が通常国会での郵政民営化の見直し論議への対応に苦慮している。

 対応次第では、「民営化見直し派」と「民営化推進派」との路線対立が先鋭化する恐れが出てきたためだ。

 自民党は野党転落後、小泉構造改革と距離を置く空気が広がり、郵政民営化の見直しを求める意見も勢いを増している。

 鳩山政権が通常国会に提出する郵政改革基本法案の内容は未確定だが、「賛成者が出かねない状況」(幹部)という。執行部は、党内対立は参院選にも響くとみて、民営化見直し派にも配慮した対案を作成し、結束維持を目指している。

 その目玉は、日本郵政グループ傘下の郵便事業会社と郵便局会社を統合し、現在の4分社体制を「3分社体制」に変更する案だ。同案は、与党時代の昨年3月にも議論されたが、「4分社体制の変更は民営化に逆行する」と見送られた。

Evansのブログ
l5i8tepqのブログ
即日現金化
クレジットカード現金化 比較
無料携帯ホームページ

神戸・貴金属店強盗 容疑者2人を逮捕(産経新聞)

 神戸市中央区の貴金属店で昨年8月、現金約640万円などが奪われた事件で、大阪、兵庫両府県警の合同捜査本部は6日、強盗容疑で、大阪府八尾市の無職、工藤常雄被告(51)=別の窃盗罪などで公判中=と住所不定、無職の大谷亮被告(30)=同=を逮捕したと発表した。両府県では昨年春から同様の事件が相次いでおり、捜査本部は関与を調べている。

 逮捕容疑は、昨年8月19日、神戸市中央区八幡通の「日本マテリアル神戸支店」に、拳銃のようなものを持って押し入り、現金636万円と貴金属(約500万円相当)を奪ったとしている。

 工藤容疑者らは、昨年5月、神戸市長田区の資材置き場からトラックを盗んだ窃盗容疑などで、昨年8月に逮捕されていた。

 神戸市では昨年6月にも、2人組が別の宝石店で宝石類(約1500万円相当)を奪う事件が発生。昨年4月には大阪市中央区難波と神戸市中央区三宮の宝石店にトラックが突っ込み、ともに約1千万円相当の貴金属が盗まれた。

警備員募集中!
お弁当の知恵
競馬サイト
競馬情報
パチンコ攻略

<新型インフル>ワクチン80人分盗難 京都の病院(毎日新聞)

 京都府長岡京市の済生会京都府病院は5日、新型インフルエンザワクチンの入った容器16本(80人分)がなくなったと府警向日町署に届けた。ワクチンを移動させたという職員がいないため、同署は窃盗事件の可能性があるとみて調べている。

 同署によると、同病院では昨年12月25日に年内最後のワクチン接種があり、午後5時の診療終了後、残ったワクチンを2階の外来小児科休憩室の冷蔵庫に収納。4日午前8時半ごろ、出勤した看護師がなくなっているのに気付いた。この間、接種日はなく、12月29日~今月3日は休診だった。小児科休憩室への出入りは自由で、冷蔵庫は施錠されていなかった。他になくなったものはないという。

 接種費用は低所得者を除き1回3600円。【田辺佑介】

【関連ニュース】
新型インフル:診療所院長、医療従事者用ワクチンを孫に
新型インフル:ワクチンの公費負担を検討 厚労省
新型インフル:ワクチン品質問題なし…カナダでの調査団
新型インフル:ワクチン接種後死亡100人超す 厚労省
新型インフル:英・スイス社製のワクチン承認可能

グアラニー語で日本のニュースを読む
m4zxqsnaのブログ
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
モバイル ホームページ

<大雪>国道の車両56台埋まる 111人救出 北海道(毎日新聞)

 発達した低気圧の影響で、6日の北海道内は太平洋側東部を中心に大雪となった。えりも町から様似町にかけての国道336号では5日夕から暴風雪が強まり、車両56台が雪に埋もれるなどして立ち往生。車内の計111人が消防署員らに救出され、このうち84人がえりも町内の公共施設で一夜を明かした。けが人はなかった。

 えりも町によると、5日午後5時35分ごろ、「吹きだまりで車が埋もれている」と町に通報があり、除雪車などを出動させた。現場付近では多いところで積雪が1.2メートルに達しており、救助作業は6日午前1時まで続いたという。札幌管区気象台によると、えりも町での降り始めからの降雪量は77センチを記録した。【木村光則】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
雪:上信越道で車スリップ、東海道新幹線減速で5万人影響
大雪:雪下ろし73歳死亡 東北などで30~40センチ
雪:東海地方でも 岐阜・白川98センチ、高山31センチ
寒気:金剛山で初冠雪 大阪・奈良

債務整理整頓
小人村
クレジットカード現金化
債務整理無料相談
無料ホームページ

【響の軌跡 東儀祐二と教え子たち】(3)宮殿炎上 空襲の長い夜(産経新聞)

 昭和18年、宮内庁楽部に入って3年目の東儀祐二(当時15歳)は、音楽に専念できる状態になかった。ほかの楽部の少年たちとともに東京・小金井にある防空監視訓練所で敵機の機種や高度、速度を測る訓練を1週間積んだ後、宮城予備隊の監視隊員として宮中の防空を担うようになる。楽部で1年後輩だったビオラ奏者の嶋田英康(81)も毎日を祐二とともに過ごした。

 空襲が昼夜問わず激しくなった20年の5月25日深夜、宮中のすぐそば桜田濠沿いにあった参謀本部が空襲を受けた際、火の粉が濠を渡って宮城にある明治宮殿の屋根下通気口に吸い込まれていくのを、祐二と嶋田は見た。

 「お巡りさん、火の粉が吸い込まれていく」

 屋根に上っていた皇宮警察の警察官に大声で知らせたが、伝わらない。やがて建物は銅ふきの屋根から燃えはじめ、少年たちは宮殿内の棚にあったものやシャンデリア、畳までも運び出した。

 翌日未明にかけて建物が焼け落ちるのを「ただ見上げるしかなかった」と、祐二は後に妻の幸に何度も語った。長い夜だった。

 仲間も失った。祐二と同級だった多忠昭の兄で同じく楽部生だった忠博が、当直をしていた建物で空襲を受け死亡。亡くなった仲間の遺体を棺に入れて運び、ろうそくを灯すのも宮城予備隊員の仕事だった。

 終戦の翌年の21年。祐二は卒業まで通常7年かかる楽部を6年で卒業し、楽師として任官する。戦争で多くの楽師が戦死し、足りなかったのだ。しかし、戦後は楽師に定員制が設けられたため、多くの楽師が宮中を去り、オーケストラに職を求めた。

 「もっと勉強をしたい」

 祐二も22年に退官。京都への帰郷を決意した。(安田奈緒美)

2000年入社同窓
かなめのブログ
競馬情報
競馬サイト
債務整理
プロフィール

ミスターとしゆきおおおか

Author:ミスターとしゆきおおおか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。